FC2ブログ

CMOS アナログ回路はなぜ難しい?

CMOS アナログ回路は難しいと感じている人が多いと思います。

私も勉強を始めてからいろいろな壁にぶつかりました。
そのなかでこれは…と感じた項目をいくつか紹介したいと思います。

そもそも専門分野として独立していない!
最近になって「CMOS アナログ回路」という文字の入った本が登場していますが、そもそも「半導体物性」「電気回路」「電子回路」「自動制御理論」など多くの学問の寄せ集めみたいなところがあると感じています。どれから勉強しようかなぁ…と思っても、とっかかりがないんです。

最近は、CQ出版社から書籍がいくつか出ています。CQ出版社トップ右上の検索窓から検索をかけたり、トランジスタ技術 SPECIAL For フレッシャーズのバックナンバーなどが、とっかかりの一つになるかなと思います。

必要な知識は古い学問?!
CMOS アナログ回路で必要な知識は何十年か前に盛況だったものが多いようです。自動制御理論ででてくる位相余裕などは古典と呼ばれる分野のようですし、CMOS デジタル回路の普及のおかげか、オペアンプの設計を扱う書籍が少ない気がします。現状、必要な書籍を探すのはかなり根気がいります。

やっぱり数式かよ!
電気・電子系の書籍は数式の嵐です…でも、設計や開発の現場で数式を使うことはほとんどありません…なにせ、CMOS アナログ設計はシミュレーションでの確認が普通ですので。

このブログでこうした壁をぶちこわす手助けになるよう頑張ります。

洋書には要注意!
最近、洋書の訳本という形の書籍が売られています。例えば、丸善アナログCMOS集積回路の設計のような本です。
(左上検索窓に「CMOS アナログ」と入れれば出てきます)しかし、この手の本は前書きに、電気・電子・デバイスなどの基本知識は持っていること!と書いてあることが多いです。つまり、入門書ではない!可能性が高いです。ご注意を。
スポンサーサイト

CMOSアナログ回路を勉強する(1)

CMOS アナログ回路を勉強したい!と思っても壁が立ちはだかります。数式だらけで難しい…、専門書の値段が高い…とか壁にもいろいろです。ここでは、CMOS アナログ回路やアナログ設計の知識を得る方法についてよもやま話を書いてみたいと思います。

今回取り上げるのはインターネットです。

検索サイトや Wikipedia は強い味方!
検索サイトでHPを探すのはやはり強い味方です。特に Wikipedia はどんどん強力になっています。Wikipedia の各ページの下にある関連項目で孫引きなんてことも魅力的です。書籍を購入して勉強した内容もかなり掲載されている気がします。

半導体製造メーカーのアプリケーションノートを見てみる!
メーカーは自社製品を快適に使ってもらうため、アプリケーションノートとか技術レポートなるものをHPに掲載しています。そのなかに一般的なことがかかれているものがあります。これを使わない手はありません。試にいくつか探してみました。

テキサスインスツルメントのアプリケーションノート一覧
Analog Device の技術資料検索サイト
マキシムのアプリケーションノート一覧

なお、メーカーの中には SPICE のモデルを置いていたり、ツールを置いていたりしているところもあります。

ついでに、製造メーカーなんて分からない!という時ですが、部品販売のHPである RSDigikey で探すと割合楽にメーカーがわかるかと思います。

CMOSアナログ回路を勉強する(2)

CMOS アナログ回路やアナログ設計の知識を得る方法についてのよもやま話2回目です。

今回取り上げるのは書籍です。

関連書籍をまとめたHP
関連書籍をまとめてあるHPを紹介します。
コンピュータの森 電気回路
CMOS アナログ関連
SPICE シミュレーション関連
SPICE・電子回路関連
作成してくださった方に感謝!です。

関連書籍を出している出版社
アナログ関連の書籍は非常に多くのものが出ています。有名どころの出版社については以下の通りです。

CQ 出版社トランジスタ技術 SPECIAL バックナンバー書籍&雑誌案内に多くあり。
丸善:左上の検索窓にて、アナログ、CMOS などのキーワードが有効です。
日刊工業新聞:左上の検索窓にて、アナログ回路、電子回路 などのキーワードが有効です。
       私個人は伊藤健一さんの書籍をよく購入しました(詳細検索にて検索可)。
オーム社:左上の検索窓にて、半導体、LSI、アナログ などのキーワードが有効です。
いま何時かにゃ~
これまでの来場者数
単語の検索はここで
プロフィール

たみひかのろ

Author:たみひかのろ
見にきてくれてありがとう
目標であったオペアンプの設計に6年かけて到達しました。ここからは応用的な内容を書ける限り書いていきたいと思います。

ツリーカテゴリー
リンク
一休みにどうぞ
by mitti0