FC2ブログ

ノイズ(7)

(2)1/f ノイズ
1/fノイズはすべての能動素子と一部の受動素子(一部の抵抗など)で見られるノイズで、
雑音の周波数特性が周波数に逆比例することが特徴です。
(このような性質のノイズはピンクノイズ(の1種)と呼ばれます)。

ele10_113.jpg

最初に真空管で観測され“フリッカ(ふらつき)現象”と呼ばれたことから、
フリッカノイズとも呼ばれます。1925年に現象が発見されたのですが、
いまだにメカニズムは確定しておらず、3つの説がある状態です。
(キャリアの移動度のゆらぎモデル、キャリアの数のゆらぎモデル、混合モデル)
CMOS の教科書によく出てくる式はゲート電圧の式で、以下の通りとなります。

ele10_114.jpg

KF は比例係数で、PMOS のほうが NMOS より小さい値となっていることが
多いようです。

参考文献
1.http://tfje.seesaa.net/article/127676875.html(日本語)
2.http://www.keysight.com/upload/cmc_upload/All/20100823_fnoise_vdec.pdf?&cc=JP&lc=jpn(日本語)
3.http://web.mit.edu/klund/www/CMOSnoise.pdf(英語)
4.http://www.nikhef.nl/~jds/vlsi/noise/sansen.pdf(英語)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いま何時かにゃ~
これまでの来場者数
単語の検索はここで
プロフィール

たみひかのろ

Author:たみひかのろ
見にきてくれてありがとう
目標であったオペアンプの設計に6年かけて到達しました。ここからは応用的な内容を書ける限り書いていきたいと思います。

ツリーカテゴリー
リンク
一休みにどうぞ
by mitti0