FC2ブログ

8Tr2段オペアンプの設計(33)

では、増幅率 A=0dB の時第2の極が来る(位相余裕が45度)ように、シミュレーションでミラー容量をつけてみます。位相補償容量ができるだけ小さくなるようシミュレーションした結果(5.5pF でした)が以下の図です。

ele11_76.jpg
ミラー容量により第1の極を低周波に移動させることで、第2の極が A=0dB のところに移動できました(確かに第2の極は高周波側に移動しています)。しかし、

位相余裕が 14°(=180-166) しかありません!

これでは目標である位相余裕 45°を達成していませんので、何かをしなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いま何時かにゃ~
これまでの来場者数
単語の検索はここで
プロフィール

たみひかのろ

Author:たみひかのろ
見にきてくれてありがとう
目標であったオペアンプの設計に6年かけて到達しました。ここからは応用的な内容を書ける限り書いていきたいと思います。

ツリーカテゴリー
リンク
一休みにどうぞ
by mitti0